会社概要 Company

会社情報

会社名 オリエントシステム株式会社
<英文> ORIENT SYSTEM, Inc.
設立 1959年6月5日
資本金 2,000万円
役員 代表取締役会長(CEO) 山口 仁良
代表取締役社長(COO) 松川 洋一
取締役事業本部長 平川 俊治
従業員数(社員数) 約90名(協力会社含む)
本社所在地

〒104-0061
東京都中央区銀座8-18-7 銀座エイワビル5F(アクセスマップ
TEL:03-3549-0360(代表)
FAX:03-3549-0611

【人事総務・財務部門】【ITエンジニア支援事業部門】
TEL:03-3524-8961
FAX:03-3524-9605

【ソフトウェア開発事業/ソフトウェアプロダクツ事業部門】
TEL:03-3549-0360
FAX:03-3549-0611

事業所 ■大阪営業所
〒541-0056
大阪府大阪市中央区久太郎町1-9-26 船場ISビル9F(アクセスマップ
TEL:06-6271-5290
FAX:06-6271-5291
事業内容
  • オープン系、WEB系業務システム受託開発業務
  • システムコンサルティング業務
  • システム運用・維持・管理業務
  • 客先常駐型エンジニアリングサービス
  • 労働者派遣業務(ITエンジニアなど)
  • ソフトウェアライセンス業務
  • パッケージソフトウェアの販売等
取引銀行 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行
提携会社 DRVision Technologies LLC
主な取引先
  • YAMAGATA株式会社
  • YAMAGATA INTECH株式会社
  • エヌ・ティ・ティ アイティ株式会社
  • エヌ・ティ・ティ コミュニケーションズ株式会社
  • エヌ・ティ・ティ データクリエイション株式会社
  • エヌアイシー・ソフト株式会社
  • オムロン株式会社
  • オムロンソーシアルソリューションズ株式会社
  • オムロンソフトウェア株式会社
  • オムロンフィールドエンジニアリング株式会社
  • セントラル・コンピュータ・サービス株式会社
  • ナビオコンピュータ株式会社
  • パナソニックシステムネットワークス株式会社
  • 株式会社NTTスマイルエナジー
  • 株式会社エヌジェーケー
  • 株式会社システナ
  • 株式会社ニコン
  • 株式会社ニコンシステム
  • 株式会社ノジマ
  • 株式会社さくらケーシーエス
  • 株式会社NSDビジネスイノベーション
  • 日本シンクロノス株式会社
  • 富士ソフト株式会社
  • TDCネクスト株式会社
  • アイテック阪急阪神株式会社
  • 正晃テック株式会社
  • ユニアデックス株式会社
など
(順不同 敬称略)

オリエントシステムの沿革

1959年6月 貿易商社として設立
1989年8月 会社定款を広告制作業に変更
1991年10月 資本金を1,000万円に増資
1998年5月 新規事業として情報処理業を開始
1998年6月 資本金を2,000万円に増資
2004年7月 オリエントシステム株式会社に社名変更
2007年1月 一般労働者派遣事業認可(般) 13-302385
2007年7月 有料職業紹介事業認可 13-ユ-302338
2008年4月 大阪営業所 開設
2013年4月 大阪営業所を現住所に移転
2015年6月 プライバシーマーク 認定取得
2017年12月 DRVision Technologies LLC社と業務提携契約を締結

企業理念 オリエントシステムの理念

企業を取り巻く環境(市場)は、明日をも予測できないほど著しく変化しています。
そのため、企業が次の10年、20年と成長し続けていくためには、変化に応じた柔軟な経営をしていかなければなりません。言い換えれば、変化は企業の成長を促すのです。
当社は、成長を支える要素の一つであり、社会インフラを革新する要素でもあるIT技術を常に追求。社会へ貢献し続けていくこと、そしてお客様とともに成長していくことが使命であると考えます。
当社の理念は、上記の考えのもとに、「1.企業理念」、ありたい姿である「2.経営理念」、そしてありたい姿を実現ための「3.行動指針」で構成されています。

企業理念

変革と成長

IT分野は変化のサイクルが短く、かつ激しいものになっています。
当社の使命(ミッション)は変化のスピードをうまく捉え、柔軟に対応するために自らを変革させること、企業として成長し続けることと考えます。

経営理念

①顧客に喜ばれる仕事を追求します

  • 「喜ばれる仕事」とは、顧客の視点で考え、顧客が望む成果・目標を約束通りに達成すること
  • 「追求する」とは、顧客の目標を達成することが自社の喜びであることを社員一人ひとりが持つこと、また、持ち続けること
行動指針
  • ・顧客満⾜度を⾼めるためには、まず顧客目線で考え、何を期待しているのかを明確に理解する必要があります。
    そのうえで期待に応え、さらにその期待を超える結果にまでこだわり、考えて⾏動することが、最終的に顧客満足度を高めることにつながるのだと考えています。
  • ・社員一人ひとりが前向きな行動を実践することで組織を活性化します。
    「誰かがやる」「⾃分がやらなくても」という思考を捨て、自ら率先して行動します。

②自己の成長を楽しみます

  • 管理職/一般社員に区別なく、社員一人ひとりが役割に応じた(超えた)力量を身に付け、個人・組織・会社の目標を達成すること
  • 「自己」とは、当社社員一人ひとりのこと
  • 「成長」とは、自己がもつ目標を達成すること
  • 「力量」とは、ヒューマンスキル・テクニカルスキル・マネジメントスキルのこと
行動指針
  • ・企業の風土は、そこで働く社員の手で作り上げるものであり、風土は企業の評価に繋がるものです。その評価を高めるために、社員は行動し、言動に責任を持たなければならないと考えます。
    「企業風土」とは、組織のメンバが共有する価値観や信念、思考プロセス、これらに基づく行動等のことです。そして、社員一人ひとりが魅力ある人間に成長していきます。
    「魅力ある」とは、仕事さえできれば良いのではなく、企業人として周囲から尊敬される行動、言動にこだわり続ける、ということです。

③新たな価値を提供し続ける企業を目指します

  • 「価値」とは、顧客が望む成果であり、「新たな価値」とは顧客の事前期待を超える成果であること
  • 「し続ける」とは、自社の成長を継続させていくこと
行動指針
  • ・顧客の期待を超えて結果を出し続けるために、妥協しない業務を常とします。
    不安の無い成果物にこだわる(常にお客様と約束した品質と納期にこだわる)、あきらめない、自分に強くなりチャレンジします(必ずやり切る)。
  • ・自己の考えを自由に言える風土と謙虚な姿勢を貫きます。
    組織の一員として、自分の考えを堂々と発言する。
    間違っている/間違っていたと気づけば、謙虚に受け入れ、自分の幅を広げる。
  • ・自己の成長のために常に努力します。
    後輩・同僚・先輩を問わず社員相互の成長を支援し、支え合い、刺激し合います。
    自分のみの成長だけでなく、組織として成長することに参加します。

CSR
(Corporate Social Responsibility)

CSRの方針

オリエントシステムは、企業理念「変革と成長」を根幹に、私たちのありたい姿(経営理念)を具現化するための方針を定義し、社員全員で共有、実践できるよう努めています。

オリエントシステムの上位方針とステークホルダーの関わり

変革と成長

ありたい姿になるために
私たちの日々の行動に対する心掛け

  • ① 顧客に喜ばれる仕事を追求します
  • ② 自己の成長を楽しみます
  • ③ 新たな価値を提供し続ける企業を目指します

健全な企業活動

  • 汚職・賄賂などの禁止
    私たちは、国際ルール、法令、会社の規則、その他のルールを理解し、遵守します。
  • 優越的地位の濫用の禁止
    私たちは、公正に選定した取引先と適正な取引を行い、取引先との健全な関係を保ちます。
  • 不適切な利益供与および受領の禁止
    私たちは、国内外の公的機関や公的業務従事者と健全で誠実な関係を保ち、法令等を遵守し利益供与や受領と疑われるような行為をし
  • ないよう、常に注意を払います。
  • 正確なサービス情報の提供
    私たちは、積極的にコミュニケーションを図るなかで、ステークホルダーの期待や要求を的確に把握し、それらを反映させたサービスを提供します。
  • 知的財産の尊重
    私たちは、第三者から知的財産に係わる情報を入手するにあたっては、適法かつ公正な手段で行います。また、第三者の知的財産権を侵害しません。
  • 情報公開
    私たちは、ステークホルダーとの誠実で透明性の高いコミュニケーションを図ります。また、社会への説明責任を果たすために、有用かつ適正な情報を適時開示します。

品質・安全性

オリエントシステムは、サービスの品質および安全について最大限配慮し、品質作り込み体制を整備し運用します。

人間の尊重

オリエントシステムは、一人ひとりの多様な個性と人権を尊重し、全ての人が差別されることなく公正な扱いを受け、安全に働ける健全な職場環境を提供します。また、強制労働や児童労働を排除し、基本的人権および労働者の基本的権利を尊重します。

環境への配慮

オリエントシステムは、環境問題への対策が人類の生存と企業の永続的発展にとって必須であると認識し、企業として地球環境の保全に努めます。

社会貢献

オリエントシステムは、社会や地域に配慮した企業活動を展開するとともに、企業市民として社会貢献活動に取り組みます。

情報セキュリティ

オリエントシステムは、コンピュータ・ネットワークの脅威に対する防御策を講じるだけでなく、個人情報および機密情報を適切に管理・保護することにより、情報の漏洩防止に努めます。